神奈川県立綾瀬西高等学校のサイトです

〒252-1123 神奈川県綾瀬市早川1485-1

学校長挨拶

綾瀬西高校の取り組みについて

学校長あいさつ

学校長  野村 泰弘       

神奈川県立綾瀬西高等学校ホームページをご覧いただきありがとうございます。



本校は、綾瀬市西部を流れる目久尻川のほとり、大変のどかで自然豊かな環境の中にあります。本校の敷地の下には「宮久保遺跡」と呼ばれる古代遺跡が眠っており、そこからは、非常に貴重な「土器」や「木簡」が出土しました。今でも古代ロマンをかき立てられるこの場所で、創立36年目を迎えました
                            

創立以来、地域交流や福祉・ボランティアに力を入れ、平成7年には「福祉教養コース」が開設されました。また平成13年には校舎の一部に「綾瀬西デイサービスセンター」が開設され、生徒の福祉実習、部活動の発表やボランティア活動など老人と高校生の交流の場となっています。そして「福祉の綾西」と呼ばれるぐらい活発な活動が展開されてきましたが、「県立高校改革実施計画」により、平成29年度入学生から募集停止となってしまいました。しかし、これまでの「福祉の綾西」の成果を継承し、学校全体で取り組み、今後も「福祉の心」の育成を図ってまいります。

また、平成30年度より「通級指導導入校」の指定を受け、「自立活動」を必要とする生徒に対し通級指導を実施していきます。



本校の生徒たちには、こんな人になってほしいという思いがあります。

〇 明るく挨拶ができて、人の嫌がることも進んでできる人

〇 「自律の精神」「福祉の精神」を身に付け、世の中に貢献できる人



本校には、この目標を達成するための「教育活動4本の柱」があります。

「基礎学力の伸長」~得意を伸ばし苦手を克服~

・クラス数を増加した少人数のクラス編成と少人数授業

・生徒主体の体験的授業  ・多様な進路に向けた教育課程

「個に応じた指導・支援」~特性を理解した個別指導~

  ・生徒の特性を理解し個性に応じた生徒指導支援と進路指導支援

「福祉教育の推進」~思いやる心の育成と実践~

  ・福祉・ボランティアを選択科目化  ・福祉実習による体験学習

「部活動の活性化」~部活動を通じて心技体を鍛える~

  ・目標に挑戦し努力を続ける習慣  ・特技を活かした地域貢献活動



綾瀬西高等学校は、「一人ひとりの生徒と向き合い、厳しく優しく生徒を支援していく学校づくり」をめざし、これまで同様に保護者や地域の方々から信頼される学校にしていきますので、ご支援、ご協力お願いいたします。

   平成30年4月